空き家のまま放置するリスクとは

犯罪などの温床

空き家ということは当然そこに誰も住んでいないということですから、犯罪の温床になってしまう恐れもあります。犯罪者が住み着いてしまうこともありますし、外国人の不法滞在者が住み着くということも十分考えられるでしょう。空き家ですから犯罪者が住み着いていたとしても気づく人は少ないでしょうし、そこを拠点に犯罪が行われる可能性もあります。また、犯罪者が住み着かない場合でもゴミの不法投棄の温床になってしまうようなこともありますし、周辺環境に与える影響も大きくなってしまいます。

庭の雑草などが伸びっぱなしになってしまい景観を損ねる恐れもありますし、害虫が発生してしまうというリスクもあります。小動物が住み着くようになると衛生上問題になりますし、疫病が発生するような可能性も絶対にないとは言い切れません。このように、空き家を空き家のまま放置してしまうことにはさまざまなリスクがつきまといます。今現在空き家を所有しているという方だと少しでも早くに対処する必要がありますし、必要に応じて取り壊しなどを考えたほうが良いでしょう。何かあってからでは遅いですし、今のうちに対策をしておく必要があります。ぜひ今後の参考にしてください。